名古屋市名東区の糖尿病、ぜんそく、アレルギーを専門とする内科クリニックです。守山区、千種区、長久手市からも便利なアクセスです

アレルギーのことがご心配な方は名古屋市名東区のひだまりクリニックへ

アレルギー外来

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎には季節性と通年性があり、季節性では花粉による影響が多く、季節により花粉の種類が違います。(アレルギー性鼻炎の主な原因花粉)
毎年症状がある場合は初期治療として、花粉が飛散する前から内服することが症状をコントロールするのには重要です。通年性では一年中くしゃみ、鼻水、鼻づまりが続きます。
くしゃみは発作的に起こることが多く一度起こると止まることなく何度も続けて出ます。家のほこりやハウスダストによるアレルギー性鼻炎の場合は、ぜんそくを併せ持っていることがあります。小児ぜんそく、成人の気管支ぜんそくの患者さんの約50%はアレルギー性鼻炎を合併していると報告されています。
当院で内服薬、点鼻薬、点眼薬を処方しています。

アレルギー性鼻炎症状

またアレルギー性鼻炎はぜんそくの悪化に関係しています。鼻(鼻腔)と気管・気管支はつながっているため、同じアレルギーとして関わりが深いことがわかっています。鼻の症状が良くなると、ぜんそくの症状も良くなることも多いことからアレルギー性鼻炎の治療も適切に行うことが重要です。

蕁麻疹

突然、強いかゆみを伴い紅斑や膨疹が現れ、数時間で消えたりすることもあれば、持続することもあります。円形、地図状、線状など形はさまざまです。
原因は
・食べ物のアレルギーや薬剤(ペニシリンやアスピリンなど)によるもの。
・物理的な刺激でも起こることがあり、圧迫やまさつ、温熱、寒冷など。
・体調の悪い時やストレスでも出ることがあります。

原因を明らかにすることが重要なため、アレルギー性が疑われる場合はアレルギーの血液検査を行います。食べ物が疑われる場合は、蕁麻疹が出た時に摂取したものを記録しておきましょう。

※アトピー性皮膚炎は専門的な治療が必要な場合があります。その場合は皮膚科専門医をご紹介いたします。

※当院ではパッチテストや食物経口負荷試験は行っておりません。ご了承下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional