名古屋市名東区の糖尿病、ぜんそく、アレルギーを専門とする内科クリニックです。守山区、千種区、長久手市からも便利なアクセスです

生活習慣病:高血圧

高血圧症

糖尿病の方、糖尿病予備群の方は血圧を130/80mmHg未満に、糖尿病ではない人は140/85mmHg未満に維持しましょう。高血圧をそのままにしておくとさまざまな合併症や心筋梗塞、脳梗塞の危険が増えると報告されています。

血圧を上げる要因
①塩分の摂り過ぎ
一日の塩分摂取量は10g未満、高血圧の方は6g未満とされています。
塩分を取り過ぎてしまうと、尿の中へナトリウムを排泄する腎臓の機能が上回ってしまうため、血液中にナトリウムがたまります。ナトリウムがたまると、水分を蓄えてナトリウムの濃度を調節しようとするため循環血流量が増加して、血圧が上がります。

食パン塩分

サンマ塩分

ラーメン塩分

ざるそば塩分

②肥満
肥満は高血圧の大きな危険因子です。特に、内臓肥満は血圧上昇と関係が深く、減量すると血圧が下がるという報告があります。また、心臓から送られる血液の量は体重に比例するため、肥満は心臓にも負担がかかります。

③精神的ストレス
精神的ストレスは一時的に血圧を上昇させます。ストレスが蓄積されると交感神経は緊張状態が続いて血管は収縮し、血圧は高い状態を持続するようになります。

④喫煙
たばこに含まれるニコチンには、血圧を上げる作用があります。たばこは動脈硬化も進行させるため、狭心症や心筋梗塞のリスクも高まってしまいます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional