名古屋市名東区の糖尿病、ぜんそく、アレルギーを専門とする内科クリニックです。守山区、千種区、長久手市からも便利なアクセスです

名古屋市名東区で呼吸器専門医をお探しならひだまりクリニックへ

呼吸器専門医外来

呼吸器科では気管支ぜんそく、咳ぜんそく、小児ぜんそく、長引く咳、気管支炎、肺炎、COPD、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群など肺に関する病気を治療します。
一番多いのは長引く咳です。2週間以上咳が続くときは注意が必要です。2週間以上咳が続く場合は、咳の原因をつきとめるため胸部レントゲン、肺機能検査、呼吸器専門医の診察により適切な診断と治療を行っていきます。

レントゲンで検診異常を指摘されたときは

検診などで肺のレントゲン写真に異常を指摘された場合は当院で精査可能です。
まず当院でレントゲン写真を診断します。悪性腫瘍、結核、間質性肺炎、その他の炎症などがないかを判断いたします。ほとんどの場合は治療の必要がないことが多いです。
その後必要があればお近くの病院で胸部CTを撮影し、その結果をクリニックで詳しくご説明いたします。呼吸器専門医が経過観察でよいのか、治療が必要なのかを適切に判断いたします。一度ご相談ください。

ぜんそくの専門治療

ぜんそく

慢性的な気道の炎症である気管支ぜんそくは子供から大人までかかる病気です。当院では小児ぜんそくの検査、診断、治療も行っています。吸入薬を使用することになった場合は、専門医の管理のもと適切な使用が原則です。吸入薬の減量、中止の可否にも一人一人に合った判断が必要であり、そうしなければその後の増悪リスクが高くなり、結果また咳を繰り返して苦しい思いをしたりすることも少なくないからです。
ご心配なこと、疑問があれば当院にご相談ください。呼吸器専門医として適切にお答えいたします。

COPD(肺気腫)

COPDは慢性気管支炎、肺気腫と呼ばれていた疾患です。COPDはタバコによる気道や肺胞の炎症で肺の働きが低下するため、咳や痰、息切れの症状がみられるようになります。その後、次第に正常な呼吸ができなくなる病気です。肺機能が低下している可能性があるため、肺機能検査をお勧めします。残念ながらCOPDになると肺や気管支が完全に元の状態にもどることはありません。しかし禁煙、薬物療法、運動療法などの適切な治療を受ければ症状は改善し、今より快適な生活を送ることができるようになります。

次のような症状はありませんか?

[check]喫煙歴が長い
[check]慢性的な咳や痰の増加
[check]坂や階段を上ったあとの息切れ

肺機能検査

肺機能検査では気道の閉塞の有無を確認します。また見た目ではわからない肺年齢肺の健康状態を知ることができます。ご自身の肺年齢を把握することで、肺の健康維持、病気の予防や早期発見にもつながります。

治療の第一歩は禁煙です

治療の根幹は①禁煙②薬物療法③呼吸リハビリテーションです。
当院では禁煙外来を行っています。薬物療法としては、β2刺激薬や抗コリン薬などの気管支拡張薬を使用します。気管支を広げて、空気を通りやすくし症状を改善します。呼吸リハビリテーションとは、肺を動かしている肺の周りの筋肉をよく動かすことです。(運動療法などを行います)呼吸困難が軽減すると日常生活の動作がとても楽になります。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional